• kinokode.com
  • 09080820228

梅雨の島根

chaos      0

梅雨の島根

梅雨には行った6月8日島根松江に到着.50日振りに帰ってみれば
あたり一面1m以上の雑草だった.
およそ1週間かかって草を刈る
およそ1㌶ 疲れる作業.
それが終わったので山に入る.
どうなっているかな?
大丈夫です!

墨をハッキリ入れる事 桧の製材

コツをつかめば,きれいにカットできるようになった

今回の作業は製材です
2m程にカットした杉や桧を厚板に製材する仕事
切り倒したままの桧の皮をハグ
そして,墨入れをします
線にそって,チェンソーを入れます.

桧の厚板は24cm角に切ります.そして中心線に添って,半裁

12cm×24cm×200cm
の厚板2枚が出来ました
このサイズなら やっコラと動かせます.
一輪車に載せて坂道を700m下り,作業場で乾かす事にします.

この板を背中におぶさって,30mほど下まで下ろす そして,手押し車でに乗せて下ります

そして,電動工具のカンナをかけて修正すれば良しです
これは杉板です.桧より柔らかいので作業ははかどった
どの樹が柔らかいか?杉や桐は生長が早い分柔らかだ.
樫の木などは一番堅いのだけれど,それだけ成長が遅いのでしょう.
作業で注意する事は,まっすぐチェンソーを引く事
墨入れした線に集中して力を入れないで,ゆっくり引く事だ.
作業をやりながら、子供時代に木挽きさんが大きなノコをまっすぐゆっくり引いて
巨木を製材していた事を思い出す.
丸顔で,お腹のでた爺さんだった.無口で酒好き
仕事中は一切しゃべらず,昼ご飯,夕ご飯付きの作業で夜はそこに酒がつく

Leave a Reply