• kinokode.com
  • 09080820228

秋色

chaos      0

秋色

いよいよ秋だよ!秋の味覚としてデパ地下にはマツタケや栗,柿が並ぶ
まだ,私の山にはシイタケが芽を出さない
実は私用で滋賀から抜け出せない状況. 島根に思いを馳せるにとどめる
11月初めになりそうだ.
読書の秋
私が山で育てるキノコの思に感覚が似てるなと感じた一行

山本周五郎のながい坂の一節

(何年か前に,薬草園をやらねいかと云われた,きょう桂堂の地所へ畑を作って。そこへ薬草を移そうというんだ,おらあ笑い飛ばしてやった)天然自然に育つからさ,薬草にはそれぞれの精分や効力がつく。人の手でつくれば量こそ多く採れるだろうが,薬草としの効力はなくなってしまう。朝の露,昨夜の霧,澄み切った山の気,そして朽ち木や落ち葉の中で育つからこそ,それぞれの薬効がそなわるんだ。

薬草ばかりでねえ,人間だって町で暮せば精分がぬけっちまうさ,そうしちゃ行けねえ,こうしちゃ行けねえ,それはダメあれはダメって,つまらねえことにがんじがらめにされて,しょっちゅう愛想笑いをしたり世辞やおべっかを使ったりして。,ろくさまも立たねえような腰抜けか,きょときょと眼を光らせているこずるい食わせ者になっちまう,町に住んでいるやつらはみんなそうだ,みんな鋳型にはめられて,面白くも可笑しくもない人間になっちまう,おらあそんなことはまっぴら

 

Leave a Reply

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。