梅雨、田んぼで草をとる

蜘の巣も雨で透明感が失われて、獲物獲得効果が少なそうだが、すごい仕事をするものだ

今年は雨が多い。ここ山陰松江は幸いに適度な梅雨です
今年始めた米作りには水が欠かせない。空梅雨なら小川の水は頼りにはならない
ため池は有るけれど、誰も田んぼをやめたので機能していない
 

田植えしてから順調に株が増えて来た。最初の段階で除草剤と病気の発生しない薬剤を散布しているので、まだ草は困ったほど生えていない。
 農協オススメの半分の量をばらまいているので、完璧ではない。

昔使われていた手押しの除草機を親戚からもらって来た。歯車の付いたスコップですね。コツがいる。ただ押すだけではだめだ                   雑草の根を掘り起こして土を外さなければいけない。              草が多いところでは手作業になる
  我輩は結局途中でギブアップ
また次回! 農業はほんと簡単ではない  昔の人を尊敬する
楽をするために機械や薬が開発されて、昔の良さが失われてしまった
苦労をいとわない農業? これはキツいぞ!

田んぼに入ると地面が固まっていないので歩行が危うい
バランスを失いそうで、よたよた
 稲の勢いが無さそうな所に追肥をする。粒状の有機肥料をまく
転ぶわけにはいかない。 自然の中で体を動かすのは スポーツクラブのマシーンとは大違い。  おかげで数倍の効果、、 疲労度は半端でない