徒然なるこの1年 What was all this year for me?

新蕎麦
蕎麦の実を干す、新そばをいただくまで手間がかかる、、面倒くさいけど、時間の無駄の様ですが、これが1番の贅沢だと思う

滋賀に戻ってきた。今年のサイクルは2週間滋賀で1週間島根松江という過ごし方となった
 松江はハードなスケジュールが詰め込まれて 滋賀で体を癒す  車の移動も350kmと
1日移動日 老体には厳しい
 
疲れた体をほぐすのは滋賀の1週間 少しのデスクワーク 時々の散歩とジムでのスイム
 気になる菜園の世話もある この時期は植物もおとなしいので 体は休まる
 この様な季節には読書がベストだが、、なかなかページが進まないのです
時には いつの間にか眠ってしまう 体が思い通りに対応出来なくなりましたね

  連れ合いが厄介な病気になったおかげで、家事をまかされておりますから大変です
近頃はこれにも慣れて来ました。 

馬耳東風なのか聴く耳持たぬか? 確かに耳は聴こえにくくなっています。 先日 少し年上の方との話題が耳の事になり
 カミさんの声が特に聴こえなくなった いやいや 私も同感です  笑っちゃいましたね

 ここ滋賀では松江の事をつい考えてしまいます
今度行った際にやる事は? 体と時間と予算を調整して準備をします
幸い コロナウイルスは両地区共に 感染者は少ないので勝手な判断ですが 行き来をさせてもらっております。 しかし残念なのはみんなで集まって酒飲みができない事かな

しばらくの辛抱です  でもこの辛抱はいつまででしょうね?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です