餅をつく

杵つき餅は体力勝負である。 準備は餅米を2昼夜水につけ置くことから始まる
折からこの冬初めての雪が降った。 冷たい水洗いが70kg こんなにたくさん!
ヤケクソ? いやいや みんなに食べてもらうのさ

年季の入ったセイロを復活させて薪ストーブからの蒸気で蒸します
直径70cm程の温めて置いた石臼に移して杵で打ちます
粘りのある米が潰され餅ができるまで ペッタンペッタン 打ち続ける訳です
今回は若者を呼んで来ました。16臼(回)もあるので年寄りだけでは無理です

熱々の餅を手早く丸めます。 早くしないと固まってしまいます!
人海戦術です やはり女性の方が上手いです 男は無骨で形がおかしい

朝9時 薪ストーブにのせた釜に湯気が登る時間になると メンバーが集まって来ました
子供の頃に親達がやっていた餅つきを始める訳です。40年からの昔の何と無く残っている記憶を頼りに始まりました
 お昼を過ぎる頃にはメンバーも増えてはかどり 果たして出来るのか?
と云う不安も消えさり いつの間にかビールを飲む輩も出始めました
陽が沈む夕刻5時 作業終了です

 それから真空パックにセット 1kgを50〜60セット作成

皆様にお届けです  、、意外にこれが大変でした

投稿者:

oomaefarm

頑固ジジイ 人は人我は我 我が道を進みましょう 普段は滋賀県琵琶湖の近くに住み 時々 島根県松江市に行く生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA