Posted on: 2021年3月21日 Posted by: oomaefarm Comments: 0

ヤギを飼う事にした


島根と滋賀の二重生活なので、車に積んで行ったり来たりはできない
そのため諦めていた
問題は夏は草がいっぱいだけれど、冬は草がない
餅米を作る様になって、藁(わら)が干し草になる事で解決
滋賀にいるときは絵描きのえっちゃんが面倒を見てくれる事になった

昔は田んぼだった場所に小屋を建てるべく準備中である
材料は古材がたくさんあるので心配ない

土台、屋根はがどうするか
壁面と出入り口、窓は などと考えていると
ヤギ小屋というより自分の住む小屋になってしまう

経験からすると屋根と壁がしっかりしていないと 雨、風で倒壊する
修繕が度々だと面倒になるのだ
おまけに生き物が住むわけだから 彼らの事も考えなばならない
終いには、自宅で一緒に生活する? それは考無いぞ

道路沿いの場所にヤギ小屋を建てる事になった
来年春までに
メスを2匹 注文した  
意外に高いのですよ 一頭95000円! 
京都園部の山奥の農場からもらい 車で300km 乗せて行きます
早速 村人に話すと 目が輝きます
わしは乳絞りをする チーズを作ろう 草刈りの手が増えたね!
 子供たちのマスコットにもなるな
名前? これも募集しよう


Categories:

Leave a Comment

CAPTCHA