退屈な日常からの離脱

毎月の様に足繁く通う島根松江である
実家です
ここから旅立って50年以上になった
65歳すぎて 会社を畳んでから暇ができ 時々帰るうち
荒地の草刈りから 山のシイタケ作り 蕎麦打ち
餅米栽培と作業が広がり 多忙である

 振り返ると
人との出会いにある 50年も離れていれば
ここに戻ると 浦島太郎みたいなもので
寂しくて つい玉手箱を開けてしまいそうな状況になったかもしれない

 一人コツコツ 草刈り爺さんを続けているうちに
お酒の席に呼ばれる事もあり、困った様子にアドバイスをもらったり
持ち前の粘り腰で村人達に認められ始めた感じです



 昨年は米作りをはじめて、年末にはお餅をついて皆さんに配りました
あぁ、、少しお金もらったひともいましたね
 今年も調子に乗って、作付けを増やしました。ちょっと助っ人達が心配顔ですが

いつの間にか77歳になっていました
就活では無く終活で、、そろそろ人生の店じまい
そんな訳にはいきません
 
 やる気意欲は突然失せるものですか? 
確かに80歳を越えた長老に聞けば 身体との相談の様です
昔は一気に山道を手押し車に荷物を積んで登ったものですが
最近は運搬車で行く様になりました
自力では無く、機械のお世話になりました

 やはり身体が続くかどうかです
滋賀栗東では身体づくりがメインです
食事と運動
確かに運動も度が過ぎると 休みたくなります
程々に少し追加するぐらい
walking 5km〜10km   時間ができればジムでスイム練習です

 松江と滋賀の移動距離は340kmです
車で6時間ぐらい コロナ下 車の滋賀ナンバーに少しばかり気が引けますが
この距離感は 仕事で出張する感じかな
ちょうど振り返って反省したり、次のやることを考えるにはベストです
こうしてみよう  待てよ! 考え直す
無駄のない動きになる 

 
国道と海の間の敷地に建つ納屋がある
高齢になった持ち主が好きな様に使っても良いと云う お墨付きをもらった家
我々はここで何かを始める事にする
 人がつどう処だ
きっと毎日は無理だから 月に何日かの催しにしても良い
短い時間を決めれば 毎日でも良いかもしれない
野菜の作品展? 
自分をアピールする場所
退屈な日常生活からの離脱である

秋11月 姉ちゃんが干し柿を軒下に吊るした

投稿者:

oomaefarm

頑固ジジイ 人は人我は我 我が道を進みましょう 普段は滋賀県琵琶湖の近くに住み 時々 島根県松江市に行く生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA