やってみて、初めて分かった事

5年前には荒れ果てていた農地でした
今年は米を栽培しました

昔の農業とは大きく違った事になりましたね
耕作機械が人や牛に取って代わりました。草刈りも 除草剤に
 有機農法で薬剤を使わない作物を推奨してきました
綿花は、、オーガニックコットン! 私は叫んで 実際にワタを作ったり、織物を織って織って販売したりしています。

ところがである! 
実際にお米を作る事になると そうはいきません
 農協から苗を購入すると、病気にかからない様に薬の中で育てた苗でした
田植えをする前には 除草剤を一面に撒きます

 苗植え後の管理は水の調整です。 それ以外にはまわりの草刈り程度です
意外に骨は折れません 
 今回はイノシシ対策で周りを囲う作業ぐらいでした

農薬は出来るだけ使わない! などと言っていた私です
ところがある、、実際には 当事者になると 無農薬では出来ないのです

 薬の量を控えると たちまち稲は雑草に負けてしまいます


何倍もの作業の手間がかかる訳です
コンバインで一気に刈り取って乾燥機にかける
それはしたくないので 
 刈り取った後は 自然乾燥にするつもりです

爺さんが稲作農家になる 

子供の頃にたんぼの手伝いをした記憶があります
当時は牛が耕運機の代わりに活躍していました
田植えはお姉さんの役目だった
野良仕事の昼食は おにぎり  当時ワカメを巻いたり
エンドウ豆のおにぎりだった

数十年ぶりに稲が実りました。 田んぼもびっくりして 昔のことを思い出した様で 頑張っています
いろんな生物が育っています。イナゴ カエル 蟹  周りの住人も喜んでくれています
イノシシ対策  脅かす事に徹する 警戒して近づけ無いこと 
第二弾も計画中です

猛暑

             ひまわりの向こうが育ち始めた田んぼの稲です。

梅雨明けが遅くなり、明けた途端の暑さの中 私は1ヶ月ぶりに松江に戻ってきた
 私の滞在する家は築80年の古民家です
私の生まれる少し前でが 殆ど私と変わらずくたびれた建物です
隙間もあり クーラー無しです
山と海に囲まれた場所ですが 今年の暑さはたまりません
出来るだけ温度計は見ない様にしております

 

セミの声が聞こえなかったな

今年の夏に目立った事
 ヘビが多かった
 トンボも多い
 高齢化が顕著
 カラス、トンビなど鳥達が多い

普段の生活が一気に昭和の生活環境にタイムスリップします
自炊、、食生活に時間を取られ 
やらなければならない作業はちっとも はかどらぬのです
酷暑の時期は普通なら夏休みですから
本でも読めば良いのですが、ページをめくる前に眠ってしまいます
そんな訳なので 草刈りも目標通りにはまいりません

山に入って コテージを建てるための土台作成は次回になりました
計画は楽しいけれど、、実行となると厳しい
結局私の体力勝負なのですから
一応 整地はできました
土台にする石も川から集めてます
次回はセメントの作業です

意外とコテージに関係する書物が無い、ネットで調べてアメリカから洋書を取り寄せました
アメリカンスタイルの建物にします。ログハウスの丸太小屋は雰囲気は良いけれど
苦労の割には快適ではなさそうだから

そばに川が流れています。
杉の林が対岸にあり こちら側の山との間 20m程の空間に建てる予定です
100年に一度の豪雨ならたちまち崩壊するでしょう

梅雨、、

その人に備わった品格、、人柄はどうしてできるのかな?
安心できる人かな? マリアテレサの様な人には私はまだ巡り合わない
私は社会人になって最初に務めた会社は大阪の繊維商社だった関係で
4年間商売上手になる訓練を受けている
まだ その感覚が抜けきれない
 儲けるテクニックと云うものは嘘の積み重ねみたいなもの

時はそれから50年、なかなかその意識が抜け落ちない
 そんな時に、素直な仕事をしている人に巡り会うと嬉しくなるくなる
世の中捨てたものではない!
 
 昨日は久しぶりに そんな方に再会できた
梅雨の中の 私の心の晴れ間だった

雨が降ろうが病む事も無く ツルが伸びる。

2週間が過ぎた。ロープを伝って朝顔が登って来ました。大きめの花をつけます

蕎麦を食べる

世に蕎麦道場というものがある
何故なのか? 
畑で蕎麦を育て、自前で粉を引いて
こねて伸ばし 細切りにして
茹でて美味しくいただく
 この作業が止まってしまうのが
こねて伸ばす所です

近所のヒロノブさんと二人で石臼を回し粉を
引くまでは問題なくできて来ました。
さてこれからの問題は
 小麦粉を混ぜて、お水を入れ
丹念にこねる。 耳ブタのような柔らかさにして、台の上で述べ棒を使って引き延ばすのです。 私たちは ここでいきずまっております。 と言いながら わずかづつながらの
進歩はあります 水加減と練りのテクニックが未熟? 
 勉強が足りません。
細く刻んで茹でる。 茹でる火力も七輪で
すから勢いが足らないようです

しかし、今回6名で食べましたが、蕎麦は美味しかったです。 精進していけば自慢の蕎麦が食べられるな! 秘かに確信した所です

 それと出汁がポイントかな

梅雨、田んぼで草をとる

蜘の巣も雨で透明感が失われて、獲物獲得効果が少なそうだが、すごい仕事をするものだ

今年は雨が多い。ここ山陰松江は幸いに適度な梅雨です
今年始めた米作りには水が欠かせない。空梅雨なら小川の水は頼りにはならない
ため池は有るけれど、誰も田んぼをやめたので機能していない
 

田植えしてから順調に株が増えて来た。最初の段階で除草剤と病気の発生しない薬剤を散布しているので、まだ草は困ったほど生えていない。
 農協オススメの半分の量をばらまいているので、完璧ではない。

昔使われていた手押しの除草機を親戚からもらって来た。歯車の付いたスコップですね。コツがいる。ただ押すだけではだめだ                   雑草の根を掘り起こして土を外さなければいけない。              草が多いところでは手作業になる
  我輩は結局途中でギブアップ
また次回! 農業はほんと簡単ではない  昔の人を尊敬する
楽をするために機械や薬が開発されて、昔の良さが失われてしまった
苦労をいとわない農業? これはキツいぞ!

田んぼに入ると地面が固まっていないので歩行が危うい
バランスを失いそうで、よたよた
 稲の勢いが無さそうな所に追肥をする。粒状の有機肥料をまく
転ぶわけにはいかない。 自然の中で体を動かすのは スポーツクラブのマシーンとは大違い。  おかげで数倍の効果、、 疲労度は半端でない

蕎麦の栽培

8月 蕎麦のタネをまく 

これからが大変です。年越し蕎麦は綺麗な蕎麦が打てませんでした。でも 美味しかった!

昔、使っていたトオミトオミという機械を使って蕎麦の実を選別しました

さて 粉にしたものを練ってそば打ちです

巷にそば道場が存在する意味がわかりました
10回ほど 蕎麦を打ちました
おはづかしい限りです。道具は手近な物で揃えました
練って伸ばす そして切る
まだそのコツが会得できません
しかし お店で食べる蕎麦より 見栄えは最悪ですが 味は数段おいしいです

2020は コロナや餅米栽培や家庭の事情もありまして 
蕎麦の栽培は中止です

その間 そば打ちの実績を加えてみます

王様の椅子

如何して作るか? 見本があるわけでもないので、出来上がるまでに時間がかかった
杉の樹は最初から真っ直ぐな樹だが 斜面に生えた若木がイジメにあったのか
斜めに成長した。 これを切り出してきたのです
 少し丈夫な織の織の布地を両サイドにミシンをかけてセットしました
塗装はオイルステインで塗り込み ワックス仕上げです
読書に良い 足置きが欲しくなりました

田植え もち米です

昨年は蕎麦を植えた場所を今年は米を作るこのにしました

苗は自分で出来ないため農協に頼みます
一般の人では 苗は農協が売ってくれませんでした
会員になる資格審査があって 農協に口座を開設する事から始める
面倒な手続きを経て
もち米の苗を22ケース申し込む

20年以上は荒地になっていた田んぼを復活

田んぼ作り
水が入ると田んぼらしくなった。さっそくカモやサギがやってきた 道行く人も立ち止まる、、

春先2月に耕運機で田んぼにする場所を耕しました
30年昔に田んぼだった場所です
5月連休はコロナウイルスで自粛中なれど
滋賀県から越境して島根松江に
川から水を引きました

5月19日に農協から苗が届きました
500㎡程の広さです
広いな、大丈夫か?

何から何まで
区長さんの助けを借りました。

為せば成る  
活躍してくれた耕運機 中古ながら最近になってやっと私の意に従う優れ物です

 ここまでやって、肉体的にも精神的にも疲れました。植えれば良いわけではないのです
これからの世話はマッサンに頼んで 滋賀に戻ります
 作業は外回りにヒマワリのタネを蒔き 下の窪にはクローバーのタネを蒔きました

春だよ

春の花が咲いている。梅が最初だ、、今年は暖かで早い。桜と違って 花びらは長持ち。フキノトウは特に早く、塔が立ってしまった
本当はシイタケの出荷と合わせて一緒に送ると喜んでいただけるの
だが、、 今年のシイタケはやっと小さな芽出しが始まったばかり


我輩はといえば、いまいち元気が足りない。と言うか、意欲不足だ。 気力充実していない訳だ
こう言う状態の時は 物事に集中できず、、あれこれ気に掛かり能率が上がらないのだ。