蕎麦の栽培

8月 蕎麦のタネをまく 

これからが大変です。年越し蕎麦は綺麗な蕎麦が打てませんでした。でも 美味しかった!

昔、使っていたトオミトオミという機械を使って蕎麦の実を選別しました

さて 粉にしたものを練ってそば打ちです

巷にそば道場が存在する意味がわかりました
10回ほど 蕎麦を打ちました
おはづかしい限りです。道具は手近な物で揃えました
練って伸ばす そして切る
まだそのコツが会得できません
しかし お店で食べる蕎麦より 見栄えは最悪ですが 味は数段おいしいです

2020は コロナや餅米栽培や家庭の事情もありまして 
蕎麦の栽培は中止です

その間 そば打ちの実績を加えてみます

田植え もち米です

昨年は蕎麦を植えた場所を今年は米を作るこのにしました

苗は自分で出来ないため農協に頼みます
一般の人では 苗は農協が売ってくれませんでした
会員になる資格審査があって 農協に口座を開設する事から始める
面倒な手続きを経て
もち米の苗を22ケース申し込む

20年以上は荒地になっていた田んぼを復活

田んぼ作り
水が入ると田んぼらしくなった。さっそくカモやサギがやってきた 道行く人も立ち止まる、、

春先2月に耕運機で田んぼにする場所を耕しました
30年昔に田んぼだった場所です
5月連休はコロナウイルスで自粛中なれど
滋賀県から越境して島根松江に
川から水を引きました

5月19日に農協から苗が届きました
500㎡程の広さです
広いな、大丈夫か?

何から何まで
区長さんの助けを借りました。

為せば成る  
活躍してくれた耕運機 中古ながら最近になってやっと私の意に従う優れ物です

 ここまでやって、肉体的にも精神的にも疲れました。植えれば良いわけではないのです
これからの世話はマッサンに頼んで 滋賀に戻ります
 作業は外回りにヒマワリのタネを蒔き 下の窪にはクローバーのタネを蒔きました