一年行事の中で一番の忙しくハードな作業が終わった
稲刈り ハデ干し 脱穀作業 ハデの収納片付け  村の人達がこの作業を手伝ってくれた
お金では無い 気持ちだ!

これからまだ籾殻を外してお米にしたり 餅つきをして 配ったりするのが12月まで 続くのだ

そこでの交流が楽しい 何もしないとこのふれ合いが無い

何もしなければ人の繋がりはストップする
都会は人が溢れている 何故かなかなかつながらない
その点 ここでは 繋がるのだ
何故だろうか?

 物々交換の社会かもしれない
何かがとれたら、あげる。 もらったお返しをする
手伝ったら そのお返しだ
 美味しいものができたら食べてもらう
そこにはお金は介入してこない


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA