11月の島根

11月の後半には気温も下がって天気も雨が多くなる。ナメコの出番だ

秋に切って置いた桜の原木に春、菌を植え込むとその秋からナメコがニョキニョキ芽を出す
残念ながらシイタケの様な保存ができない。発送する間に傷んでしまうのだ
 すぐ鍋に入れるか、食べられる状態でパックして冷凍、 解凍しないまま鍋に入れれば美味しい

さてこの秋は
と張り切っては見ましたが、シイタケが芽を出しません。10月の気温が低くならず、そのまま11月を迎えても
最低気温が10℃を下回ることも無い日が続いてしまった為に、キノコも出るタイミングを失った様です
 近くの師匠のホダ場も同様の様でした

東京からやってきたお客様も目当ての椎茸の収穫が出来ず 残念でしたが 予想外のナメコの収穫ができて
納得のご様子でございました  私としてはひと安心です

餅米の収穫作業も終わり、天日干しに使った竹と支柱になる木を保管する作業と終わった田んぼをトラックラーで
掘り返すことに数日、、日が落ちるのも早い晩秋です。 
 一部来年5月には咲くだろうスミレの種を蒔きました   菜の花も蒔こうかと考えましたが、、少し遅くなったので2月にずらして巻いてみましょう。 花が咲いて、種が取れたら油を取って天ぷらしましょう

 いかがわしい薬剤を使わない農家です 安心して食べる 自作自演農法

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA