2021もうすぐ終わる。お疲れ様

明かり 障子
陽光を障子越しに受ける
数日雪模様で塞いでいた気分から解放される

さすがに12月は寒い
作業は進まない
とりあえず収穫した餅米を精米して袋に詰めて
届けたり 都会に送る作業は終わった

 一週間後にやる餅つきの準備がある
山に入って杉山の間伐作業もやらねば
予報は時々雨
これが山陰地方の弱点だ
体が濡れるのは避けたい  体が一気に冷える
言い訳がましくなる老化よね!

あっと言う間に2021年が終わる
コロナが2年続いた
妻が亡くなったのが一番の不幸
なんとか立ち直る途中

 一人では生きていけないな
周りの人たちに感謝です
 食べさせてもらっていたからね

 朝起きて まず寂しい

2022には元気を取り戻す!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA